スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ビーストコンプレックス

「ビーストコンプレックス」という漫画があります。

現在、週刊少年チャンピオンで集中連載中の漫画で、
作者は板垣 巴瑠(いたがき ぱる)先生。

ある学校を舞台として、物語が展開されるのですが、
登場人物はすべて動物。ライオンだったり、コウモリだったり。

ただ、すべて人と同じような暮らしをしていますので、
名探偵ホームズのアニメ版をイメージしてもらえれば
よいかと思います。あんな感じです。

さて、現在(2016年3月12日時点)で第二話を終えたところです。

第一話:ライオンとコウモリ
第二話:トラとビーバー

題名だけ見るといったいどんな内容なのか、と思うでしょうが、
ずばりヒューマンドラマです(人の形をしていませんけれど)

第一話の内容を要約するとこうです。

-----------------------------------------------------------------
ラウル(ライオン)は学生で人望もある生徒会長。

本人は雄ライオンが備える尊敬や畏怖がまだまだ足りないと
思っています。

そんな彼に、先生から学校に来ていないクラスメイトの
アズモ(コウモリ)が学校に来るよう説得してもらえないか、
という依頼があります。内申書をちらつかされながら。

ラウルも面倒と思いながらも引き受け、彼の家に行くのですが、
そこで「食いに来たのか」から始まり「お前は思考が浅いな」とか
まあ、さんざん言われるんです。ラウル君。

当然、怒って牙をむくのですが、その時に核心を突くようなことを
言われ、結局何も言い返せないまま帰宅。
そこで色々、ラウルの心の中で葛藤が生まれます。

でも翌日、またラウルはアズモの家に行きます。
そこからだんだんと打ち解け、ラウルはライオンとして作ってきた
自分ではない、弱い自分をさらけ出して接するようになり、
最後、アズモの旅立ちを見送ることになります。

ビーストコンプレックス_01


「おまえはきっと良いライオンになる そう信じてる」

 そんな言葉を贈られながら。

-----------------------------------------------------------------

登場人物は動物の姿をしていますが、
ライオンが生まれつきの家柄や権力といった光、
コウモリは逆の影と考えられますし、第二話でも10歳から肉食動物と草食動物は
クラスを分けるようになる、争うからといった力があるものとないもの、みたいな
内容でして、彼らの姿がいずれもメタファーなんじゃないかと思えるんです。

まるで本を読んだ時のように、読んだ人によって十人十色な
受け取り方ができる作品だと思います。

こんな良作はめったにありませんので、ぜひとも読んでいただきたいです。
来週からデジタル版となる週刊少年チャンピオンには二話が掲載されていますから、
チャンピオンを読んでください。絶対ですよ。

ビーストコンプレックス_02

ビーストコンプレックス_03

変わっていくことは悲しいことじゃない、第二話も本当に素敵ですよ(号泣)



スポンサーサイト
line

週刊少年チャンピオンデジタル版配信開始によせて

3月1日、秋田書店より次のプレスリリースがありました。

「週刊少年チャンピオン デジタル版雑誌が毎週火曜日配信開始」

僕の愛読しているこの雑誌が遂にデジタル化を決めたそうです。

集英社のジャンプ、講談社のマガジン、小学館のサンデーと比べ、
発行部数は少ないチャンピオン。ええ、知っていますとも人気ないのは…

毎週、出社前にコンビニで買っているのですが、場所によっては
そもそも置いていません。このような機会損失は、地方だともっと
あるんじゃないかと感じています。

デジタル化すると、間違いなくネット上にばらまかれるため、
リスクも大きいですが、まずは読んでもらえないとどうしようもないですから、
今回の決断に至ったのだと推測されます。

チャンピオンにはメジャータイトルとして「弱虫ペダル」「刃牙道」
「ドカベン」などがありますが、集中連載、読み切りといった作品にも
キラリと光るものが多い雑誌なのです。

当然、毎週購読しているような、チャンピオン愛を持った人しか
読めませんし読んでもいません。
まるで流れ星の如くで、どんなに素晴らしい彗星の姿を見つけて、
僕たちが声をあげても、その時に見上げる空がなければどうしようもないのです。

でも、です。デジタル版が出るのならば、あの号のこれ、みたいに
作品に光があたる瞬間が来るのではないか、そう思えるんです。

2016年の3月24日号からデジタル版が発行されます。

記事を分けて書きますが、この号でまさに今集中連載している
「ビーストコンプレックス」という作品が素晴らしいので、
多くの人に読んでもらえることを期待しています。

line

実は私は ~本当のヒロインは誰か~

週刊少年チャンピオンで連載中の漫画、「実は私は」

今、チャンピオンの中で間違いなく主戦力な
人気が出てきている作品です。
(秋田書店のプッシュもハンパない)

作品は学園ラブコメになると思いますが、タイトルの通り、
それぞれヒロインには秘密があります。
そしてヒロインは6名。

連載当初から僕なりに誰がメインヒロインなのか、ということを考えて
読んできたのですが、チャンピオンの12月5日号を読んで
オッズが変わりまくったので紹介したいと思います。

◆白神 葉子さん(吸血鬼)

20131123_001

もはや別人。
「実は私は」のメインヒロインのはず?なのですが、
クールビューティからアホの子にメタモルフォーゼしました。
主人公、朝陽が惚れている女の子なのですが、結ばれる予感がしない。
恋愛のルートからすでに外れているように僕は思います。

◆藍澤 渚さん(宇宙人)

20131123_002

最初に朝陽をふった人物。
「アイアンレディ」とクラスからは呼ばれるくらい、表情を変えず
冷徹な存在だったはずが、今ではご覧の通り。
主人公のことを好きなのかもしれない、と本人が自覚してからは
僕としては非常に熱い展開になっています。藍澤さんは恋愛ルートに
乗っかっていると思いますし、最後まで絡んでくると予想します。

◆紫々戸 獅穂さん(痴女で狼男)

20131123_003

母親が「カリスマ痴女」
完全にかき回す系のキャラです。攻略対象外キャラとして大暴れ。
大体、獅穂が絡んでくると面白い話が多いです。
ストーリー上、とても重要な人物であることは変わりありません。

◆紅本 茜さん(校長。悪魔)

20131123_004

最初に登場した時は、新ヒロインキターと思いましたが、
実はこう見えて数千年を生きる悪魔。そして学園の校長。
これまた攻略対象外。
お菓子が好きすぎて、切らすと大暴れ。
ヒロインと呼んでいいのかすら分からん。
可愛いんですがね・・・

◆黄龍院 凛さん(未来人)

20131123_005

最近登場してきたのがこの子です。
その正体は未来人。ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、
登場後、話がどんどん面白くなってきていてたまらんです。
攻略対象外。これは読めばわかります。

さて、ここまで見ると、主人公が好きなのは白神さんですが、
超ニブチンな白神さんが相手なので、候補は藍澤さんとなります。
しかし、そうではないのです。

◆朱美 みかんさん(主人公の幼馴染)

20131123_006

新聞部に所属し、人の秘密を暴きまくる。
「外道クイーン」と呼ばれるキャラとして2話目に登場。
最初、恋愛ルートからは完全に外れていましたが、最近すごいのです。
今はもう、
朱美 みかんルート
と呼んで問題ない。

だって、この表情ですよ?

20131123_007

何でしょうこれ。みかんが可愛い。
可愛すぎるじゃないか!?
(ちなみにみかんが可愛いとツイッターでつぶやいたら、食べる方のみかん好きに
 フォローされ、翌日にはフォロー解除されていました。そのみかんちゃうねんorz)

みかんが本当のヒロインじゃないかと思ったのは理由があります。

20131123_008

今発売されているコミックです。
来月には4巻も出ます。

ここで違和感を感じました。

ヒロインの登場順で表紙になると思うので、普通2巻は
みかんのはずなのです。

ところが藍澤さん、獅穂さんときて、4巻は茜ちんがきます。
僕はあえて出していないんじゃないか、と感じました。

みかんには3巻でメガネに「フクちゃん」が宿るため、人外の登場順でいけば
確かに、白神さん⇒委員長⇒痴女⇒校長⇒みかん(フクちゃん)⇒未来人となるんですが、
メインヒロインと結ばれないという展開に期待してしまうわけです。

1ページまるまる赤面するヒロインというコマはこれまでもありましたが、
今回はちょっと別格だったので、思わずブログに書いてしまいました。

予想通り、やっぱりデレてからの火力は最高レベルのヒロインだったみかん。
頑張れ、みかん!!応援してるぞ!!

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

line

香川を離れて暮らしている人たちに ~うどんの国の金色蹴鞠~

この間、本屋さんでふと見つけた作品があります。

「うどんの国の金色蹴鞠」

小冊子のお試し版があったので、読んでみたのですが、数秒後には
最新の2巻と1巻を握りしめてレジに並んでいました。

題名からもわかるとおり、舞台はうどん県こと、四国は香川県です。
大まかなあらすじは次の通りです。

主人公:俵 宗太は東京で働いているのですが、父が亡くなり、いったん実家に
戻ってきます。目的は父が営んでいたう実家のうどん屋を整理するため。
そんな中、ある子供に出会います。なんとそれが人に化けられる狸。
何だかんだで、その狸と一緒に暮らすことなり、名前もポコと名付けました。
実家の整理に戻ってきたつもりの宗太ですが、ポコや友人、姉との日々を通じ、
何もないと思っていた故郷への想いが強くなり、ここで暮らしたい、と変わっていく・・・

とこんな感じです。

この作品、舞台が香川なので当たり前と言えば当たり前ですが、
登場人物の会話はすべて讃岐弁です。

また、タイトルが"ぶっかけうどん"や"しょうゆまめ"、"ことでん"に"かまど"、
香川県民であれば、どれもこれも説明すら不要なキーワードです。

2巻まで読み終えて感じたことは、狂おしいほどの郷愁。
これに尽きます。

僕も地元香川を離れ、今は兵庫県で暮らしています。
県外で暮らし始め、田舎ならではの香川の良さ、人の温かさ、
両親の愛情、色々なことに気づきました。

この主人公も同じで、香川は田舎だ、何もないと思って東京へ出て
仕事をしてきました。
でも帰ってきて暮らす内に沢山の思い出があり、自分はここが好きだったんだと、
はっきりと自覚していきます。

今、香川を離れ、県外で暮らしている人がこの作品を読むと、嬉しいやら、懐かしいやら、
とにかく、程度の差こそあれ、激しく心を揺さぶられると思います。
特に社会人の場合、きっと泣きます。

今県外で暮らしている、香川出身者は
ぜっっったいに読むことをお勧めします。

愛する故郷がある、ということは素晴らしいことだと、
改めて思いました。
僕は香川が大好きです。


うどんの国の金色毛鞠  1 (バンチコミックス)うどんの国の金色毛鞠 1 (バンチコミックス)
(2012/12/08)
篠丸 のどか

商品詳細を見る


theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

line

【祝】新連載スタート ペーパーブレイバー

僕の愛読している週刊少年チャンピオン。

チャンピオンでは、結構な頻度で集中連載や3話掲載、
その後、本格連載開始になんてイベントが発生しています。

新人さんや他誌で描いていた漫画家さんの作品が掲載されるのですが、
この時の漫画家さん達の作風、絵柄などがツボであることが多く、
いつも「あの人はまだか」と思って待っているのです。

そんな中、来週から連載開始という嬉しい告知がありました。

藤近 小梅先生の「ペーパーブレイバー」です。

20130512_01

チャンピオン47(11月1日号)から48(11月8日号)、49(11月15日号)と3週間に
わたり作品が掲載されていたのですが、絵柄も可愛く展開がぶっ飛んでて、めちゃくちゃ
インパクトの強い作風でした(当然保管)。楽しみにしていた漫画家さんのひとりです。

悲しいことにチャンピオンを買ってまで読んでない、という人が多いようなので、
新連載記念にその素敵っぷりをダイジェストで紹介したいと思います。

1話目:花井 結菜の愛のかたち

20130512_02

男子学生とリコーダー。キタコレ。

しかし、そんな行動をとるといつだって本人が登場するわけです。

20130512_03

そしてこの子も隠れている男の子のリコーダーを取り出しました。
おお、両想いじゃない、と思っていたら、

20130512_04

リコーダー食べたΣ (゚Д゚;)
右上のコマの擬音が食べている音です。
すごいでしょw

2話目:凪沢 赤音の愛のかたち

20130512_05

おいおい、相談する相手間違えてるよ?

リコーダーを食べてしまうこの子からのアドバイスはこれでした。

20130512_06

読んだ結果がこれ。3 2 1 はい。

20130512_07

さあ、ぶつかってこい!!

20130512_08

Σ(゚□゚(゚□゚*)会長ォォー!!!!!!

はねられます。もうななめ上過ぎて読みつつ吹きだしてました(通勤中なのに)
この前に手作り弁当作戦もあるのですが、これもまた面白いです。

3話目:篠原 こだまの愛のかたち

20130512_09

校内に増えるカップル。
そして

20130512_10

なぜか告白する流れになりました。紆余曲折の末、たどり着いたゴールは、

20130512_11

ど う し て こ う な っ た

からの

20130512_12

玉砕w

これもそれぞれの愛のかたち、と締めくくって終わりました。
まさにフリーダムの一言です。

こんな感じの3話でして、僕は衝撃を受けました。
そりゃ連載を期待してしまうわけです。

欲しい人はもう古本屋にいって探すしかないのですが、
半年以上前となるので、なかなか見つからないかもしれません。

そこで、ここは
1.チャンピオンを毎週買う
2.アンケートを送る

そのアンケートを送る時、愛のかたちを掲載してくれー!!と
いうパッションをぶつけてみてはどうでしょうか。

何はともあれ、めっさ期待なのです。

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くろぱんだ

Author:くろぱんだ
笹食ってます。
ゲーム、漫画、アニメを愛しています。



line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。