スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ハンザスカイ ~最終回をむかえて~

週刊少年チャンピオンで連載の佐渡川 準先生が描く空手の漫画、
ハンザスカイが最終回をむかえました。

この作品に対する想いは、毎週木曜日、チャンピオンが発売されるたび、
ツイッターでも呟いていたのですが、この最終回について語りつくせない
部分があったので、ブログにも書きたいと思います(とても長いですw)

最終話の題名は「空へ」でした。

IHを控えて、部内での試合形式での稽古。
主人公 半座に対するは、藤木先輩。

1話目、不良少年であった半座は彼女に出会い完全に倒されます。
空手への出会い、強さへの憧れ、そして恋心。ここが始まりでした。

元々、藤木から見た半座は、彼女の言葉通り「大っ嫌い」な存在でした。
不良の気まぐれで空手を始めた訳ではないことに気づいてからは、
半座のことも認め、接していきます。

対戦が始まると、やはり藤木は強くて、あっという間にあと1ポイントで
負けるところまで追いつめられます。半座は心の中で「なあ、先輩」と
問いかけます。俺はちっとはましになっているか、と。

藤木も、他の部員の大きな声援を背に、対峙している半座が
出会ってから変わっていることを実感します。「変わったな」という言葉が
最終話とその前の回でも出たことからも、わかります。

そんな藤木へ届けと言わんばかりに、半座は技を出し、そして
中段突きを決め、1ポイントを取りました。

このシーン。ずっと作品を読んできた方にはわかると思います。
もう、この感動を言葉で表現するのはとても難しい。
拳にのせた想いや、藤木から最初に学んだ技であること、など、
ちょっと僕の表現力のキャパを超えています。あきらめますw

1ポイント取り返すものの、その後、崩しからの突きで藤木が決めて決着。
まだまだ遠く及ばないことに気づきながらも、だからこそ追いかけられる、
そう思う半座に藤木が手を差し出します。
出会いのシーンとはまったく逆。ここも感慨深いです。

その後、ですが部員の歓声の中、半座が藤木に何かを伝えます。
その台詞は歓声で隠されて作中では読めなくなっていましたが、その後の藤木の
表情を考えると、告白に近い台詞であったことはわかります。
ただ、ここを敢えて隠すというのが、もう、先生ったら。上手すぎですから。

この出来事で最終話にして、やっぱりヒロインは藤木だった、と
誰もが納得したことと思います。乙女の表情でした。僕もやられた。

そして、場面はIHに変わり、ある言葉が出てきます。
「いつからか探し求めていた・・・俺の心に咲く一輪の花」

1話では、「そんなモノは咲いちゃいなかった」
最終話では、「そんなモノは咲いちゃいなかった けど、生えてた」
その小さな芽が、太く、高く、強く伸びていけ、「空へ!!」で完結、となりました。

「ハンザスカイ」はハンド+スカイ(空)で空手という意味が込められているんじゃないか、
というのは有名な話ですが、主人公の名前が半座、そして最後のコマでの「空へ」で
本当の最後の最後で、ハンザスカイという作品名通り完結したのです。

最終回をむかえると知った時の僕は、チャンピオンを読みながら
数分間フリーズしていました。これだけ愛している作品なので、やっぱり
もっともっと読みたいと思っていたんです。

でも最終話を読んで、その考えを改めました。

掲載順がずっと後ろだったので、もしや、とも思っていたのですが、
この内容はそうじゃないなと感じました。

好きな作品の最終回って、いつも僕はさみしさを感じてしまうのですが、
初めて、そうじゃない気持ちになれました。元気が出ました。
また、最終回に寄せたハンザスカイを愛する人たちのコメントを読んで、
同じ気持ちの人がたくさんいることを知り、めちゃくちゃ嬉しくなりました。

連載は終わりましたが、まだコミックスも出ます。
何より、僕の中にハンザスカイは消したくても消せない核として存在してます。

多分これからも、ハンザスカイのことをつぶやいたりすると思う。
だって、僕はこの作品が大好きだから。

佐渡川先生。連載お疲れ様でした。
沢山のことを学びましたので、これからは先生のことを、
師匠と呼ばせていただきます!!

半座に負けないよう、僕も空手を頑張りますよ!!

スポンサーサイト
line

リトルファクトリーin神戸 ~2012年5月~

2012年5月13日。

リトファです!
リトファですよ!プロデューサーさん!!
(アイマス調で)

と、いうことで、今年初めての神戸でのリトルファクトリーに参加してきました。
場所は例によって例のごとく、六甲アイランド。私と嫁&嫁の妹といういつものメンバーで車で突撃です。

それでは、さっそくレポートなのです。

まずは、「ルキ コレクション」のロベリア達。
ロベリアを愛するルキさんプロデュースの娘達だとか。かなり可愛いかったです。

20120513リトファ神戸001

20120513リトファ神戸002

20120513リトファ神戸003

20120513リトファ神戸004

20120513リトファ神戸005

20120513リトファ神戸006

で、次は5月月間ドールの初代ジェニー、シーナ、ジュリア。
シーナは自分で買ったことがないんですが、ちょっといいかもと思い始めてます。

20120513リトファ神戸007

20120513リトファ神戸008

20120513リトファ神戸009

お次は5月 TOGOドレス。こんな服でした。
暑くなってきたので、夏らしい服装。

20120513リトファ神戸010

これはLF神戸のサユリです。

20120513リトファ神戸011

あ、そうそう。サユリと言えば、前回買い逃した札幌サユリですが、
今回も買えませんでした。
ドンマイ。

LF札幌のミツキです。

20120513リトファ神戸012

全体のディスプレイはこんな感じでした。

20120513リトファ神戸013

最後に、いくつか新作の服がありました。

20120513リトファ神戸014

向かって左側の服が欲しかったんですが、次回ですかね?見当たらなかったので。

20120513リトファ神戸015

ワタクシ、真ん中のピンク色の服を買いました。誰に着せようかと考え中です。

20120513リトファ神戸016

同じく、向かって左側のコートが欲しかったですが。やっぱり次回?

20120513リトファ神戸017

と、こんな感じでございました。

今回、体調を崩しておりまして、やや早めに引き上げました。
ブログ更新してる場合じゃねえですよ、これが。

ところで、今日、コミュニケーションノートにも書いたのですが、何やら、彼女に連れられて参加して、
ハマってしまった彼氏さんがいたそうですね。めでたい。

昔、私も、当時彼女であった嫁が行きたいというので、浅草橋のTOTOCOへ行ってから、
ジェニーにハマってしまったので、気持ちはよくわかります。

また一人、修羅の門をくぐった男が誕生したのですよ。
もっともっとハマって大変なことになるといいと思う、そんな休日なのでした。



theme : ドール
genre : 趣味・実用

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くろぱんだ

Author:くろぱんだ
笹食ってます。
ゲーム、漫画、アニメを愛しています。



line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。