スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

リカちゃんキャッスル in 神戸 ~2013/09/29~

今日は29日で肉の日。

ということで、リカちゃんキャッスル出張イベントin神戸に
参加してきました。
(肉関係ない)

場所はもうお馴染みとなった六甲アイランドです。

前回から結構、期間が空いたように思ったのですが、
そんなにフレンドや服も増えてなかったかな、という印象です。

リカちゃんキャッスル生誕20周年ということで、ジェニーよりは
そちらに力が入っていました。
20名のお人形作家さんとリカちゃんということで、前回も掲載した気が
するのですが、画像はほとんど載せていなかったので今度こそ。

右から順に、air*skip様、赤いカメラ様、die Kleine様。

20130929_001

同じく右から、みづしま様、チクロ様、QP様。

20130929_002

またまた右から、IVORY様、南森ひろこ(こぐま座)様、Galum様。

20130929_003

真ん中より、vanilatte様、ジーネ・マーマ様。

20130929_004

最後、Baby Blue Eyes様。

20130929_005

とこんな感じで作家さん達の力作が並んでおり、服も販売されていました。

お次はLC神戸、先行のマリーン。
10月のTOGOドレスを着ていました。

20130929_006

10月月間ドール、初代フローラ。
初代を見る度に今と別人やなぁと思います。

20130929_007

10月S月間ドールショコラ。
(もう1種類あるのですが、写真に収まりきらずorz)

20130929_008

10月TOGOドール、ナオミ。
赤い、赤いですよ。

20130929_009

そして個人的に気になったのはこれ。みらい。
我慢しましたが。

20130929_010

と、こんな感じでございました。
今日はコミュニケーションノートも見当たらなかったので、後ろの席で
延々と
塗り絵をしていました。

20130929_011

塗った後と塗る前の比較。
無駄に頑張りました。

関西では今年、京都を除いてすべてイベント日程が終了。

京都に行くかどうかは分かりませんが、
月日の経つのは早いもんだと思った、そんな1日なのでした。



スポンサーサイト

theme : ドール
genre : 趣味・実用

line

舞台ドリクラ ~キャスト編その3~

舞台ドリームクラブ、キャスト編その3
今回でやっと全員分となります。


◆あすか(小新井 涼さん)

まだキャストさんについて何も知らないながら、最初に指名したのが
小新井さんでした。理由は偶然にも誕生日が一緒だったからですw
あすかさんは、ドリクラZEROから登場するホストガールで、
アイリの次に僕が好きな子だったりします。つまりはそれだけ
思い入れも強いキャラというわけで。
長いポニーテールに褐色の肌、高い身長と、舞台でどうなるのかと
思っていたら、もうこれが凄くて。まぎれもないあすかさんがそこにいました。
接客で初めて見た時は「感動」の一言。
声が、姿が、仕草が、何もかもがあすかさんそのもので、中でも僕の
印象に残っているのはその後ろ姿です。似ているというレベルは超えていて、
自分がいつもプレイしているドリームクラブの画面の中に入ってしまったような、
そんな感覚を大げさではなく、感じていました。
そして、下着まで紫で完全再現という。
見たというか、見えたというか、すいません。眼福でございました。
舞台のストーリーでは魔璃さんと絡んでいましたが、ゲーム版のあすかさんシナリオを
知っているとにやりとしてしまうコンビだったと思います。

◆受付ちゃん(関口 未佐子さん)

ゲームでは裏方に徹している受付ちゃんですが、舞台では主役級の
重要な役割を担っていたと思います。
まずは舞台ドリームクラブでの最初の挨拶。舞台にスポットライトがあたって、
そこには関口さんの姿が。「ようこそドリームクラブへ」の台詞の後、
照明が落ちて、扉が開いてドリームクラブへ入っていくあの映像が映し出されました。
その時、関口さんのシルエットだけがスクリーンに写る瞬間があって、
そのシーンになぜだか胸がジーンとなっていました。
この場面、千秋楽では拍手が起きたのです。誰ともなく本当に、自然に。
拍手の中、関口さんがとても嬉しそうな笑顔を浮かべていたことが、
今でも心に残っています。
また亜麻音ちんに曲を渡して、皆それぞれの役割があるのだということを伝えたり、
こっそり練習をしてしまうくらい歌いたいのに、あくまでホストガール達が一番大切で。
そう、まさにピュア紳士達が愛した受付ちゃんが僕達の目の前にいたのです。
関口さんは舞台に立つことが夢だったそうです。そしてこの舞台がその夢の第一歩。
その瞬間に立ち会えたこと、誇りに思います。

◆ユウ/エル(卯野 春香さん/沖田 亜依さん)

ユウ/エルを演じたのは何と現役高校生コンビの卯野さんと沖田さん。
ゲームではバックダンサーでしゃべらないホストガールだけに、どういう役どころに
なるのだろうと考えていました。魔璃さんのバンドのファン、という設定には
やられた、という気持ちです。
不思議な呪文を二人で唱え、あすかさんを困らせるユウとエル。
※その時にあすかさんが「理不尽!!」というシーンは至高
けっして出番が多いというわけではありませんでしたが、存在感がありました。
卯野さんも沖田さんも、声が良く通りめっさ素敵。末恐ろしい10代ですw
ところで舞台終了後、沖田さんがツイッターを退会してしまい、さみしい気持ちになったのですが、
沖田さんの誕生日を井澤さんのツイートで知り、ブログを開始したことを卯野さんの
ツイートで知り、と舞台が終わった後もキャストの繋がりが消えていないことを、
改めて感じ、僕は嬉しくて仕方がなかったです。

あ、卯野さんと雨情さんが一緒に食べたというラゾーナ川崎はパンケーキのお店。
初日に食べに行きました。11時くらいに行って正解。お昼になると混み混みでした。
美味しかったのですヽ(=´Д`=)ノ

◆真琴(安田 友加さん)

真琴まで登場、というのがまさに夢の舞台ですね。
安田さんについての僕の印象は「元気玉」
元気の塊、観ている人に元気を与えることができる、そんなパワーを
持っている人だと感じました。特に印象に残っているシーンは次の2つ。
1つ目
真琴と雪っちゃんが身長を競い合って、玲香さんに突っ込まれるという
無言でのやり取り。あれはたまらんです。早くDVDでまた見たい。
2つ目
最終選考が駄目で、自分が落ち込んでいるのに亜麻音ちんを励ます場面。
「お姉ちゃんのようになりたいんだ」の台詞の時に声が震えていて、
毎回泣かされる羽目になりました・゚・(つД`)・゚・


以上が僕の観た、舞台ドリームクラブの感想です。

今日、9月16日で舞台初日から1か月が経ちました。
1か月たった今でも、僕は変わらず舞台のことを思い出すと嬉しくなり、
キャストの声を聞くと楽しくなり、舞台で縁あって増えた仲間の言葉に
笑って、感動して、そんな日々を送っています。

この3日間は僕にとって、舞台という新しい世界への興味や人との繋がりを
与えてくれた、自分の人生の中でも大きな出来事になりました。
改めて、舞台に関わったすべての人に、感謝の言葉を述べたいと思います。
本当にありがとうございました。

大好きなドリームクラブが、
もっともっと大好きになりました!!

数回に渡って長文を読んでくださった方も、ありがとうございました。

こんな僕ですが、ピュア紳士の端くれとして頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いいたします。


theme : 伝えたいこと
genre : 日記

line

舞台ドリクラ ~キャスト編その2~

舞台ドリームクラブのキャストごとに感じたことについて、その2です。

◆理保(井澤 美香子さん/ぱにゃにゃんだー)

理保というアイドルに会いたかった人は、きっと夢が叶ったんじゃないかと思います。
舞台で井澤さん演じる理保は、理保ファンなら心を奪われたに違いありません。
あのぽわーんとした雰囲気、仕草(スタイルまで良いのは反則)など、もう理保以外の
何物でもありませんでした。癒し系アイドルってこういうのを言うのですね。
つい先日、誕生日を迎えられた井澤さん。ツイッターでも一人一人全員に丁寧にリプを返す、
その人柄は、もう女神の生まれ変わりなんじゃないかと思ってしまいます。

◆ナオ(青木 満理子さん/アホ毛とプロテイン)

これでアクションシーンが初なんて嘘だッ!!
ずっとステージでも動き回っていたナオ@青木さん。
配役のため、ジムに通いプロテインを摂取、稽古後にガチスパーと、
とっても素敵な青木さん。
舞台のため、空手と詠春拳を本格的に稽古したようです。
パンフレット用の写真が公開された時、その立ち姿を見て、鍛えていることと
バランスが感覚が良いんだろうということを感じました。
アクションシーンも文句なし。上段蹴りも、後ろ蹴りも、とても綺麗でした。
舞台を観て、他のホストガールが好きになった、という感想を良く聞きますが、
ナオがその代表だと思われます。
そして公演中、実は脚をけがしていたということを知りました。
本当に舞台を観る僕たちのために、頑張ってくれていたんだと思うと、
どうやってこの感謝の気持ちを伝えればいいのか・・・うまくまとめられないです。

◆魔璃(和地 つかささん/わっちさん)

とにかく違和感がなさすぎです。魔璃です。もう、とにかく魔璃。
あの羽もよく再現できたなぁ、と感心です。
和地さんもツイルムで初めて演技を見ました。その時の監督さんの評価が
"透明感がある女性"ということだったのですが、最終日に最前列で見て、
めちゃくちゃ納得しました。魔璃のミステリアスさと、和地さんの透き通るような
表情が重なって、ものすごいことになっていたのです。
ツイッターではナオ役の青木さんと和地さんがしょっちゅうリプでやり取りをしていて
楽しませてもらっています。このまま続けてください。

◆アイリ(澤村 佳奈さん/かにゃさん)

きました。アイリなのです。
僕はとにかく、アイリが大好きです。心から愛してやまない存在です。
そしてゲーム版を演じた声優さん、児玉 明日美さんもこれまた大好きなため、
児玉アイリの印象が強く、素直に受け止められるのか、最初の頃は不安でした。
(ひとりだけメカメカしていますし)
舞台での澤村さんアイリですが、
ありがとうございます。僕の大好きなアイリが2人に増えました。
まるでゲームと同じように、アイリの姉妹ができた感じです。
アイリ好きにとって、こんなに幸せなことはないのです・・・
観ていて、ああ、アイリがあそこにいる、と素直に感じました。
ストーリではノノノ、みお、ナオがアイリを助けるという流れになるのですが、
未来から映像でノノノに澤村さんアイリがメッセージを送るシーン、
あれがなぜが胸にこみ上げてくるものがあって、連日涙ぐんで観ていました。
公演中、ずっと僕はソフビアイリと一緒に観ていたのですが、最終日は
左側の最前列だったおかげで、ソフビアイリを澤村さんに見つけてもらえました。
ソフビアイリで手を振った時、素敵な笑顔を返していただき感動しきり。
あの時はありがとうございました。

◆ノノノ(小花さん)

ノノノがこれまた完璧でした。まいにゅ~があんなに違和感なく感じられたのって、
実は凄いことなんじゃないでしょうか。
舞台中も、不思議な虫を探したり、SPにちょっかいを出してみたりと、ノノノの
不思議な行動が炸裂。雪っちゃん同様、その動きが気になって気になって、
本編を観ないと!と思いながらもノノノの行動を追いかけてしまっていました。
実は超多忙なアイドルさんとのこと。公演前もライブがあったそうです。
舞台を観てから小花さんのブログを読んだ人が、これが未来のブログか、ということを
呟いていたのには噴いてしまいました。確かに独特な文章でございました。
"こしのたま"やら"もついち"やら、色々と叫ぶ羽目になったナオ@青木さん、
ノノノぐっじょぶと言わせていただきたい(駄目人間)


その2はここまで。
今でもツイッターでは舞台ドリクラについて、コメントが溢れています。
嬉しいですね。

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

line

舞台ドリクラ ~キャスト編その1~

今日から9月。

先月、舞台ドリームクラブを観てから色々と輪が広がっていて、幸せな限り。
さて、キャストごとに感じたことについて、思いつくまま書きたいと思います。
(長いので2回にわけます)

◆亜麻音ちん(中園 彩香さん)

ヒロインの自覚をもて!と自分に言い聞かせていた、というエピソードがとても好きです。
本当に亜麻音ちんそのものでした。僕はどちらかと言うと座席は舞台向かって左側が多くて、
正面から亜麻音ちんを見る位置だったのですが、2日目だけ右側になり後姿を見ることになりました。
その時の落ち込む後姿がものすごく切なくて、泣かされました。
さらに、ZEROでの初めての接客シーンをリアルに思い出させてくれる演技にも脱帽です。
最初のダンスは一人だけあわあわしていて、あれ?亜麻音ちん?と心配になるも、あれも
演技であったという。文句なしにヒロイン、でした。

◆遙華様(青木 志貴@魔王様)

とにかく、めちゃくちゃ綺麗。本当に綺麗。こんな人がいるんだ、と驚きました。
SPのスミスとウェッスンが登場するたびに笑いが起きていました。ずるいよね、あれw
いきなりヨガを始めるシーンがあるのですが、体が柔らかいなー、と感心。パンツは見えてませんよ?
魅杏とのツンデレコンビは想定外で、まさにドリームな組み合わせでした。
椅子に座るシーンや歩く姿、ひとつひとつの所作が文句なしに遙華さんでした。
遙華のウィッグへの情熱を青木さんが語るインタビューがとても心に残っています。

◆みお(黒須 みらいさん)

初日、早く来るといいことがあるかも、と聞いて入場したらホストガールの接客を
やっているではないですか。その時に初めて見た接客がみおと魅杏でした。
みおは正直、一番違和感が出てしまうキャラじゃないか、と思っていたのですが、
まったくそんなことはありませんでした。一瞬で虜になりました。そして2日目19時の公演、
僕の隣の左が2席空いていたのですが、アドリブでその席に座ってきました。神ですか?
食べ物がOKであれば、塩大福を買ってプレゼントしたかったです。

◆雪っちゃん(姫野 つばささん/姫様)

僕は姫様に後押しされて千秋楽の13時を4公演目として追加しました(ツイッターで乗せられた?)
直前まで、配役は未発表だったのですが、稽古場ブログやキャストのブログを読んでいくにつれ、姫様が雪っちゃんだろうという確信めいたものを感じていました。
実際に、配役が発表になってその通りだった時は、めちゃくちゃ嬉しかったです。
踊っている姿が楽しそうで、見ているだけで元気になるというのを久しぶりに体感しました。
直前に体調を崩され、喉を傷めていたのにそんなそぶりは見せず、まさに根性で演じられてました。
公演後、少しでも疲れを癒すことができればと献上したものの、はたしてあれで良かったのか。
次回はもっと素敵アイテムを考えます。

◆玲香さん(小板プロ)

ダンス、歌唱力ともに、一人だけハンターランクSが混じっていたという印象。
舞台ドリクラの前に、小板プロと魔璃役となったわっちさんが"ツイルム"というヒロインの
オーディションを受けていて、ストリームで応援していたのですが、身体を使った表現というのが桁違いに上手いなーと、感じていました。実際、目の前で見ると半端なかったです。

◆魅杏(柳瀬 晴日@ちゃんはるさん)

ちゃんはるさんRT祭りによるbot疑惑は、もはや伝説のレベルだろうと思います。
喉の調子が悪かったことを後で知り、ちゃんはるさんも根性で乗り切ったんだなぁ、と。
こういった事実が後からどんどん出てきて、その度に観に行って良かったという気持ちと、
キャストの方達への感謝の思いで胸がいっぱいになります。
ストーリー上、魅杏には結構、泣かされました。僕は「キャラ崩壊かもしれないけど」からの
一連の台詞がもう、胸に響いてたまらなかったです。ちゃんはるさんが魅杏を愛したからこその
最高の魅杏。誰も代わりはできないと思います。

◆るい先生(雨情 華月さん/ドリクラ関西教室の担任)

僕と同じく兵庫県に住んでいらっしゃいます。舞台のため、単身東京へ渡り、
マンスリーでの生活。この期間、どれだけ素晴らしい経験を積まれたのだろうか、と思います。
舞台でのるい先生は登場するたびに笑いが起きていましたw体操服だったり、今話題のドラマのあれだったり、バニーだったり。我が道を行くという感じでフリーダムでした。
噂には聞いていた、自前のバニー衣装には感服です。
ドリクラ関西教室の担任をお願いしています。生徒として、関西勢と一緒に盛り上げていく
所存です(10月19日にイベント決定。歓喜)

ここらでいったん切ります。


theme : ゲーム
genre : ゲーム

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くろぱんだ

Author:くろぱんだ
笹食ってます。
ゲーム、漫画、アニメを愛しています。



line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。