スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

神戸が舞台のライトノベル

最近、僕の中でライトノベル、俗にいうラノベが熱い。

最後に読んだラノベがスレイヤーズだったので、ほんと、久しぶりの感覚です。

そんなタイミングで、この前、立ち寄った本屋さんであるラノベが紹介されていました。
神戸で暮らす三姉妹の恋愛ストーリ、僕の住んでいる場所も登場するんだとか。
興味が出たので買ってみました。

「好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く」という作品です。

20130421_01

神戸で暮らしている三姉妹、長女の紗子、次女の朝美、三女の結衣の物語。
3編で構成されていて、長女の紗子から順にストーリが展開していきます。

当然一緒に暮らしているので、色んな場面で会話をするわけですが、
その時の言葉の意味、気持ちというのがそれぞれのパートを読むと視点が
変わっているので「そういうことだったのか」とわかるようになっています。

その流れがとてもきれいで、かっちりとパズルのピースが埋まっていくような感覚を味わいました。
読後感が清々しくて、今また読み直しているところです。

個人的には次女の朝美と三女の結衣との話の繋がりがたまらなく好きです。
そんなわけで、朝美と結衣が待ち合わせをした場所、mint神戸のラッパ前ですw

20130421_02

僕はもちろん、神戸が大好きですが、この作品を読んで改めて好きになりました。
神戸在住の人にはぜひ、読んで欲しいと思うのです。


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

くろぱんだ

Author:くろぱんだ
笹食ってます。
ゲーム、漫画、アニメを愛しています。



line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。